FC2ブログ

IF/Nove Luna ~迷い宿の書棚~

ダークファンタジー中心のオリジナル小説ブログ

Top

【IF/Nove Luna ~迷い宿の書棚~】



ようこそ、我が迷い宿へ。
ここは『小説』と『小説の設定資料』を中心に、時折『呟き』に『創作人形』など
主が好きなものをざっくばらんに詰め込んだ、子供のおもちゃ箱のような場所さ。

入り口はあちら。
さあさ久々のお客人よ、どうかごゆるりと。





【書庫】

<黒色の本棚>

セピアの世界30

◆セピアの世界  (準備中)
日本に住んでいた少年、音無 凛音と風祭 想が
魔法のある異世界へ転移してしまう物語。
和風好き硬派男子と策略家なお姫様を中心としたダークファンタジー。



黄昏の月30

◆黄昏の月   (準備中)
二重人格で女子力カンストの召喚士の少年と、呪い持ちのオレっ子魔法双剣士を
中心としたダークファンタジー。



<白色の本棚>

終幕の国のアリス30

◆終幕の国のアリス   
不思議の国のアリスをモチーフとしたやや逆ハーな病み系ダークファンタジー。
  


◆チート王×贄の転生者  (準備中)
ラスボスを一撃で倒す力を持つ絶対不滅のチート王と、乙女ゲームの世界に
贄として転生してしまった少女を中心とした異世界ファンタジー。


<海色の本棚>

草露の庭  
作品を見た人の心を大きく揺さぶり心根の底まで影響を及ぼすことができる能力者
――神に愛されし者
そんな若い芸術家達とごく一般的なメイドの少女を中心とした乙女ゲームブック。



<床に積み上げられた本>

◆学園×異能×オリ二次  (準備中)
オリ二次作品。作品関係なく、全てのキャラクターを集めて書いたお祭り作品。
幸せになれなかったあの子も幸せを!……が、テーマだったはず。

◆AKASICK CODE  (準備中)
オリ二次作品。作品関係なく、全てのキャラクターを集めてFGO的なのを
書きたいなと血迷った小説第2弾。




【資料部屋】

<黒色の本棚>

◆黄昏の月



<白色の本棚>

◆終幕の国のアリス

◆チート王×贄の転生者


<海色の本棚>

◆草露の庭




スポンサーサイト



別窓 | 目次 | コメント:0 | ∧top | under∨

01:クロス学園の転校生




――異能力病

デビルズトリルと名付けられた人類史上最悪の科学兵器によって
引き起こされた病の一つ。
小さな子供が傷ついた脳を再生する過程で未知なる能力に目覚めるという症状だ。

その可能性は150人に1人。
症状は虫の羽ばたきくらいの風を起こす軽いものから
天変地異を引き起こす程の重いものまで。


政府は異能に目覚めた子供を定期健診で発見しその後隔離。
危険な能力で人を傷つけないために、自身を守るために
異能をコントロールできる特別課程のある学校へと編入させられる。

私が転入した学校、クロス学園はその中でも最高危険度である
レベル5の生徒が通える全国でも数少ない指定校だ。

そんな指定校だからなのか、はたまたこのクラスの気風なのか
ちょっと変わった雰囲気の場所に個性的な人が多い。


「よ~し、お前らよく聞け、転校生だぞ!!仲良くしろよな。
 で、ほら、自己紹介。なっ」
「あ、はい!!えっと……九尾 雪菊【つづらお ゆぎく】ですっ。お願いします!」


ぺこりと頭を下げれば2人分の拍手が聞こえた。
そっと顔を上げれば爆睡している人、興味なさげに本を読んでいる人
こちらを冷静に観察している人、そもそも教室に居ない人など様々だ。


(私、やっていけるのかな……)


14名しかいないクラスの中、心細さに早くも挫けそうだった。



別窓 | 小説 | コメント:0 | ∧top | under∨

終幕の国のアリス


終幕の国のアリス30


それは滅びゆく世界の主人公に選ばれてしまった少女と
物語の歯車【役者】たちの物語


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【序幕】
00:終幕の始まり

【Ⅰ幕】




別窓 | 目次 | コメント:0 | ∧top | under∨

終幕の始まり



紳士淑女の皆様、ようこそ終幕の国へ。
ここは夢と現実の狭間、寂しがり屋な少女が作り上げた幻想の世界でございます。

寂しがり屋な少女が生み出した国は童話の国と名付けられ
兄によって夢は本へとしたためられました。
主人公となった少女は童話の国でなら誰からも愛され、何にでも成れました。
しかし、平穏な時間は何時までも続かないものです。
彼女もその例外ではありませんでした。


ある時父が再婚し、新たな妹が出来ました。
新しい妹は姉の幻想をいたく気に入り、彼女にとって代わろうとしたのです。
少女は抵抗を示しましたが、作者となった兄が童話の国を末妹の為に改変しました。
輪の中心に居た筈の少女は引きずり降ろされ、見向きもされません。
新たな主人公が楽し気に笑う様を、ただただ恨めしく見つめる事しかできませんでした。

新たな主人公は童話の国に夢中になっていましたが
人は成長しいつか幼い幻想に飽きるものです。
少女に忘れ去られた国は主人公を失い、そして――

「……ああ、欠けていたはずの主人公が見つかったみたいだね。
やっとこの茶番が再開するんだ」
「ここまで長かったわね。やっとアリスが帰って来てくれた。
これでこの国は正しい終わりを迎えられるわ」

時計塔の前に広がる野外舞台にいた二人は世界が動き出す気配を感じて
小さく喜びの声を漏らした。
きっと各地にいる役者たちも主役の登場に気が付いたことだろう。
野外舞台に居た役者が歩き始めたのを見て、語部は何処か狂気めいた笑みを浮かべる。


「さあ、始まるよ。世界を終わらせるための物語」




別窓 | 小説 | コメント:0 | ∧top | under∨

【資料室】草露の庭

【草露の庭】



◆世界設定




◆用語集




◆キャラクター設定 ※イラスト注意


主人公 / 黒橡 統 /旋幸 緋音 

檉 黄乃 / 緑埜 三黄 / 緑埜 青空

青鈍 八雲 / 小夜啼 紫雨 / 小夜啼 白夜

皇 透 / 皇 悟







◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
別窓 | 目次 | コメント:0 | ∧top | under∨
| IF/Nove Luna ~迷い宿の書棚~ | NEXT